記事一覧

最初は好きではなかったのですが

正式には“クリーム色”ですが、明らかに真っ白というわけでもない、柔らかな色合いに見えます。よく見ると、7と8の数字が他より少し小さくなっているのは、数字の下を切り落とすことなくスモールセコンドのスペースを確保しているためです。これはおもしろい解決策で、最初は好きではなかったのですが、だんだん好きになってきました。スモールセコンドに施されたギョーシェ模様と面取りは、広々としたダイヤルに奥行きを与え、僕にとっては非常に歓迎すべき美点です。

ザ・シチズン メカニカル Cal.0200

新たな看板に相応しい一切隙のないデザイン
力強さとシャープさを併せ持つデザインに、ラ・ジュー・ペレ社との協業によって実現した渾身の自社製機械式ムーブメント、Cal.0200を搭載。細部の仕上げも美しく、高級感もたっぷりだ。通常モデルは砂地模様を施した黒文字盤とサンレイ仕上げの青文字盤の2種。

カラトラバ《クルー・ド・パリ》6119

端正にして華やぎもある全てのラウンド時計の規範
久々に復活した、ベゼルにクル・ド・パリ装飾を刻んだカラトラバ。96系のデザイン要素も取り入れたことで実にエレガントかつモダンな佇まいだ。新開発のCal.30-255 PSはパワーリザーブ約65時間。

Seiko/Analog Display Japanese Quartz Black Watch

ゴールドカラーのケースに白文字盤のクラシカルなモデル。

大人っぽいムードの漂う腕時計です。

ソーラー発電なのでバッテリーの心配もありません。

スーツスタイルに似合うアイテムです。

針はレジスターに合わせ、ジュルヌ定番のシェイプを採用しています。このペイントされた針とプリントされたダイヤルのマークは、本格的に高級なダイヤル処理を求めている人のなかには気になる人もいるかもしれませんね。ブランド時計 コピープリント処理はきれいでよくできていますが、ここにあるほかの時計はどちらもトップレベルのアプライドインデックスとファセット針が取り付けられており、リッチな雰囲気を醸し出していますから。

【関連記事】:本当に届くブランドコピー店