記事一覧

グランドセイコーのSLGH005"白樺モデル"がGPHG2021「メンズウォッチ」部門賞を受賞

キャリバー9SA5を搭載するグランドセイコーのレギュラーモデル「SLGH005」“白樺モデル”が、11月4日、スイスジュネーブ市テアトル・デュ・レマンで開催された2021年度ジュネーブ時計グランプリ(Grand Prix d‘Horlogerie de Genève 以下GPHG)において「メンズウォッチ」部門賞(Men’s Watch Prize)を受賞した。今回の受賞により、グランドセイコーとしては2014年度の「メカニカルハイビート36000GMT限定モデル」が「プティエット・エギュィーユ」部門賞を受賞したのに続く、二度目の受賞となった。

2度目の受賞を果たしたグランドセイコー
 GPHGは2001年に創設され、ジャーナリストや時計師、コレクターなど国際色豊かな時計スペシャリストにより構成された審査員チームが、開催年度の新作を対象にジャンル毎の部門賞と、大賞の「金の針賞(Grand Prix de <L’Aiguille d‘Or>)」を選出して表彰を行うもので、アカデミー賞にもなぞらえられるように業界で最も重要なアワードとなっている。


グランドセイコー「ヘリテージコレクション」SLGH005
自動巻き(Cal.9SA5)。47石。3万6000振動/時。パワーリザーブ約80時間。SSケース(直径40mm、厚さ11.7mm)。10気圧防水。104万5000円。
 今回受賞したSLGH005の外観は、セイコースタイルの真髄を受け継ぎ、正当進化させたグランドセイコーの新たなデザインシリーズ「Series 9」に準じている。パネライ 時計 中古ダイアルは、製造拠点となる「グランドセイコースタジオ 雫石」周辺に広がる白樺の群生地域からインスピレーションを得たものだ。白樺が奥行きを持って幾重にも林立する神秘的な光景を、ダイナミックな型打模様と繊細なカラーリングによって表現している。



自動巻き機構と輪列を同じレイヤーに置くため地盤を拡大した9SA5。トランスパレントバックからは、繊細なストライプ模様の「雫石川仕上げ」も鑑賞することができる。従来も仕上げに定評があったグランドセイコーであるが、ムーブメント設計の構成段階からデザイナーが参画して美しさを高めたほか、ムーブメント側面に梨地加工を施して面取り部の輝きを際立たせるなど、さらなる向上が見られる。
 またSLGH005は、20年発表のグランドセイコーの新世代ムーブメント9SA5を搭載する。9SA5は、高効率なデュアルインパルス脱進機とツインバレルを搭載し、3万6000振動/時のハイビートを実現しながら約80時間のパワーリザーブを備える。さらに、自動巻き機構と輪列を同じレイヤーに配置した薄型設計や両持ちブリッジ、フリースプラングを採用する。これらは、堅牢で完成度も高い9Sキャリバーの設計思想から大きく飛躍するものだ。


【関連記事】:http://tanikou.top

コメント一覧

ankopi安値 (100%実物写真) URL 2021年11月11日(木)14時39分 編集・削除

個人売買サイト新作が安値で出品されることや、100%実物写真保証!「品質安心保証」客様に安心してお買い物。安全と安心を大切に、より良い品質を追求します!

オフィシャルショップが登場 URL 2021年11月13日(土)16時46分 編集・削除

サーフシーンにおいて長きに渡りアイコン的なブランドであるビラボンと、陽気でリラックスしたジュリーの個性と南国の明るい空気感が感じられるラインナップをお見逃しなく。